☆Ride onメンバーのうちのこ設定用まとめwiki☆自由に追加してね。このwikiの内容は全てフィクションです。

天弦




「ワシの事嫌いか?」
「(お主らも何か喋らんかい!!!!!!!!)」
「何故ワシだけ怒られるんじゃ…?」
「何処じゃ此処はァ!?(聞き耳)」

設定

名前:天弦(テンゲン)
年齢:26
性別:男性
職業:狂信者

好きなもの:母様、兄妹たち、蛇神様
嫌いなもの:寒さ

一人称:ワシ
二人称:お主
三人称:そっちの
人物
ある蛇の呪いを受けた一族の人間。その一族は代々蛇のような人ならざる容姿の者しか生まれず、その呪いを断つべく蛇神に奉仕をさせようと教団の前に捨て置かれたのが天弦である。
無論、当人はそれを知らないのだが、自分の容姿を鑑みるに大方そんなことだろうと予想はしている。
自身の容姿については、育ての親である母様より蛇神様の祝福を受けているものと教えられているため嫌いではないのだが、いかんせん周囲から怖がられてしまうので普段は目元を隠している。
蛇の特徴からか体温が気温に左右されやすくかなりの寒がり。身体の成長も通常の人間よりも早かった。
また、本人の意思とは関係無しに声が異常にデカく、相対的に周りが難聴になってしまうという不具合がある。そして無駄にヘイトが高いため頻繁に折檻を受ける不憫枠。

体質上、温度変化に敏感である為か出先での人感センサーが異様に強く、武佐五郎翡翠神座(卵)を次々に教団へ連れ帰ってくるなど、勧誘の才は素晴らしい模様。性格は幼少期から明るく豪胆であり、教団の者なら分け隔てなく本物の兄妹のように振舞っている。特に透輝とは唯一幼馴染であり、お互いに振り回し振り回されて育ってきた良き兄弟分。そして当然だが結果的に一番付き合いが長かったこいつが一番難聴になった。

無論、育ての親である母様には一際懐いており、絶対の信頼を置いている。
外見
身長:180cm
体重:66kg
茶髪の無造作ヘア。
目は切れ長で金色の瞳に白目の部分は黒く染まっており、見慣れない者からすれば恐ろしい風貌なため普段は「天」と書かれた目隠しを着用。舌は異様に長く蛇のように先が割れており、長い牙も生えている。

背中:広範囲に酷い火傷跡がある。
技・特殊能力
五矢衝天:5本の矢を放つ
士気廻天:周りの士気を向上させる雄叫び
武器など

愛馬:根來(ネゴロ)
ーーー
根来(♀)
身長:212cm(ヒール込み)
体重:80kg
一人称:オレ様

巨大な体躯を持つ天弦の愛馬。
馬だった時から大きかった根来であるが、人型になっても変わらず大きい事が分かった。
性格はとんでもない気分屋であり、天弦や長谷部の調教も基本は馬の耳に念仏である。自分より小さい人間は大体肘置き。しかしこの姿であっても遊んでやらないと気分を害してしまう為、普段通り天弦がスキンシップを取ってやっている。
略歴
教団の前に捨てられ、透輝と共に育つ。

2歳:武佐五郎を拾う。

5歳:翡翠を拾う。

7歳:を拾う。

8歳:神座の卵を拾う。

9歳:外伝【壱】 「目隠しの理由」


21歳:翡翠が背信者により拉致される。報復の為に惨たらしい虐殺行為を行った。


22歳:外伝【弐】 「冬眠」


25歳:先日の怪我の療養中、鹿狩りに出かけたところ虫の息の次百を発見。急いで救助した。

蛇神楽前日:母様の稽古通過!

背中の広範囲に大火傷を負う。
酷い火傷跡が残ってしまったが、火傷を負ったのが自分で良かったと心底ほっとしている。

愛馬・根来が人型となってから、やっとまともなコミュニケーションが取れるかと思いきや馬の時と変わらずの気分屋で全く手に負えず更に苦労している。とりあえず馬の時と同様にスキンシップを取るようにしているのだが(※少し前に遊んでやらなかったために気分を害してしまい、胸倉を掴まれて持ち上げられている)、何かと視線が痛い気がする。誰かに見られている…??

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

キャラクター設定

きゃむ

ちょん

てを

フリーエリア

どなたでも編集できます