☆Ride onメンバーのうちのこ設定用まとめwiki☆自由に追加してね。このwikiの内容は全てフィクションです。

杉本 左京


■画像募集中■

「おや、おかしいですねぇ。」
「これはもしかすると、我々はとんでもない事に巻き込まれてしまったのかもしれませんねぇ。」

設定

名前:杉本左京
年齢:50
性別:男
職業:警視庁特命係
身長:168cm
体重:60km

好きなもの:相棒、真実
嫌いなもの:罪、嘘

一人称:私
二人称:貴方
三人称:あの方、彼女、彼
人物
警視庁特命係・係長、警部。
紳士的な人物で、いつも誰に対しても敬語で丁寧に接するが、
興味を引く出来事に対して夢中になって興奮したり、犯人に対して激昂したりと激情的な面もある。
基本的にどんな理由であれ犯罪に走る事を許す事はないが、その一方で
追い詰められても人としての一線を保ち、踏みとどまった人物には敬意を払う。

真実を追究し正義を貫く意志は人一倍強く、利益や保身の為の隠蔽や工作を嫌う。
己の信条に基づいては、ちょっとした違法行為や組織を無視した無茶な行動も起こす事もあり、
また、その過程で生まれた功績には一切興味を示さない。
「組織の利害」などを一切考慮せず、妥協無く真実を追い求めるため、警察組織上層部からは厄介者として嫌われており、
上層部に圧力をかけられたことも一度や二度ではない。

もっとも、最近はピコ彦?が警視総監になったという事もあってか、幹部連中との関係は徐々に回復傾向にある。
※余談だが、ピコ彦?が警視総監の座に居る事に何らかの違和感を覚える、唯一の人物でもある。

正論の塊の様な性格で感情で振り回されない様に見えるが、罪を自覚しない非道な犯人などに対しては
怒りが頂点に達すると怒号を放ち、白眼を顕にして激昂する。

元々は警視庁刑事部捜査二課に出向して次々に事件を解決していたが、余りにも切れ過ぎる頭脳と、
何を考えているのかわかりづらい言動から「変人」扱いされていた。
しかしその中で、下町史上最悪の連続強姦致死犯、豪漢寺 嵌流を一度は逮捕した事で実力を認められ、
警視監の座を与えられた事もあったが、彼の活躍を妬む他幹部の謀略により、豪漢寺 嵌流逮捕時に犠牲となった
亀頭 薫の責任を追求され、更には豪漢寺 嵌流がタイミング悪く脱獄を果たした事により、
見せしめといった形で大幅な降格と、特命係へ追いやられてしまった。

彼は相棒の無念を胸に、豪漢寺 嵌流との再戦に燃えている。
外見
初老ではあるものの、腐っても下町の警官、ひいては伝説の警察である為、スーツを脱ぐとその筋肉量は目を見張るものがある。
基本的な服装は三つボタンのシングルスーツ、またはスリーピース・スーツで、ベルトは使わずにボタン留のサスペンダーを愛用している。
技・特殊能力
下町市警式逮捕術
知恵の縄
白眼
相棒:一緒に行動する相手を勝手に相棒認定する。失敗するとショックを受けてSAN-1。
   相棒と同じ技能を持っていると、その値に+20%で振れる。
武器など
下町市警正式採用回転式拳銃
略歴
警視庁刑事部捜査二課にて、亀頭 薫とタッグを組み、バリバリ事件を解決。

ゲイバーにて、下町の災厄である豪漢寺 嵌流を命からがら逮捕。相棒や部下を失う。

警視監に抜擢されるも、他幹部からの謀略により失脚。警部へ降格の上、特命係へ追いやられる。

下町市警のやりたがらない、神話的事件の解決係を押し付けられる。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

キャラクター設定

きゃむ

ちょん

てを

フリーエリア

どなたでも編集できます