☆Ride onメンバーのうちのこ設定用まとめwiki☆自由に追加してね。このwikiの内容は全てフィクションです。

皇ノ中 ツバサ




「ちゃすちゃすちゃーーす!!ツバサが来たっすよーー!!!!!!!」
「失礼ッスよXiaoちゃん!!!!!!!!!!」
「ツバサはシェリーっす!」
「ツバサも永遠にXiaoちゃんのものっす」
「絶対許さないっす」

設定

名前:皇ノ中 ツバサ(すめらぎのあたる つばさ) 旧姓:灼堂(やくどう)
年齢:19
性別:女
職業:波間大学 スポーツ→通信教育学科1年
   Xiaoのマネージャー見習い
身長:149cm
体重:45kg
誕生日:7月24日(スポーツの日)
血液型:A型

好きなもの:Xiao、お料理、運動、お寿司、甘いもの
嫌いなもの:家族に手を出される事

一人称:ツバサ
二人称:パイセン、○○ちゃん、○○さん
三人称:あのひと
人物
波間大学1年生、スポーツ学科所属の女の子。
Xiaoから一緒の時間を増やしたい為、大学を辞めて欲しい旨で強く説得されるも、
天皇家に嫁いだ女が大学中退が最終学歴なのは如何なものかと考えあぐね、最終的には波間大学の
通信教育課程に転科する事で落ち着いた。(なので、正確には辞めていない。)
勉学の傍ら、リーベングイズのマネージャー見習いとして日々メンバーの役に立てるように頑張っている。


快活元気で常にハイテンション。明るく真っ直ぐで、思ったことがすぐに口に出てしまうアホの子。
逆に言えば裏表が無いタイプで、特に悪気がある訳ではない。
声量が大きい為、公共の場ではやや喧しいと思われてしまう事もしばしば。
語尾は「〜ッス!」

高校まで女子サッカークラブに入っており、身体を動かす事が大好き。
波間大学に入ってからは強豪であるサッカー部女子サッカー部のマネージャーをしている。
スポーツ学科OBの日本代表女子サッカー選手、澤 まほれ選手の大ファンで、
まほれの「苦しい時は私の背中を見て」という名言に感動して、同じ足跡を辿る為に波間大学へ
入学した。
とある出来事により、澤 まほれを憧れの対象として見るのを辞め、ライバル視する様になった。

波間大学の入学式に出ようと登校していた所を10tトラックに轢かれる。
数日間生死の境を彷徨うも無事に生還。

ある事情でXiaoに莫大な借金をしている。(Xiao本人はあまり気にしてないが)
また、実家のアパートを巨大な煙突でぶち抜かれた事によって、ツバサの生活スペースが無くなった為
Xiaoの家に同棲状態で転がり込んでしまった。ダブルキングサイズとはいえ、
寝るベッドまで同じな上にXiaoの大好物な豊満過ぎる胸を持つ為、もう少し彼が男という事を考えた方が良い。

灼堂家に居た時は、両親と弟の4人家族で暮らしていたが、ある時からツバサが同棲状態でXiao宅に
転がり込んだ事によって、両親は「天皇家にお邪魔するなんて」と毎日肝を冷やしていた。
一方で、弟の灼堂 空?Xiaoの事を良くは思っていないらしく、Xiaoが家に挨拶に来た時も一人部屋に籠もってしまっていた。


Xiaoと出会って1年程は普通の友達の関係だったが、ある事件をキッカケに二人の仲は大きく縮まった。

その後、何者かにより招かれた白い部屋で、お互いに口説き合う事を強制された結果、
パニクって逆プロポーズ。お互いの気持ちを確認し、久遠の誓いを結んだ。

Xiaoは世界的に非常に身分が高い人間である事に加えて、アイドルとしての生活もある為
世間的な発表は暫く行わず、極々身近な近親者のみに婚姻の事実を伝えている。
(その為、名前も旧姓を使う事が殆ど)
とはいえXiaoの性格上、恐らく近いうちに世間的にバレる可能性が高い。

恋愛関係に関してはかなり初心で、付き合ったのはXiaoが最初で最後。
そういった事に慣れているXiaoに笑われながらも、
隣に寄り添うのに見合った人間になれる様に、絶賛修行中。

恥ずかしくて中々口には出せないが、Xiaoの事が何よりも大好き。



皇室に住んでる関係で、神ヶ島 王華やICPOのニーガ・サンともよく喋る。
偶に怒られたりもするが、基本的にいい関係を結べている。
(特に神ヶ島 王華からはXiao共々げんこつを食らう事が多い)

Twitterを初めとするSNSでは、炎上芸人と化してるXiaoのアオリを受けている節があり、
フォローとフォロワー数は大した数では無いものの、様々な人からもさもさ先生と共に謎のリストに入れられている。
一例:
Xiao様の匂わせリスト
・謎の女等
・いつか〇す
・情報募集中
・危険因子
等々…。

XiaoがToutubeで爆弾を投下したせいで、多くのファンの疑念が確信へと変わった。
一方のツバサといえば能天気なもので、リストやフォロワー数が大変な事になりながらも、いつも通りのツイートをしている。
外見
黒髪ショートカットで、ボーイッシュ。
運動が大好きなので、スポーツシャツやパーカーを好んで着る。
最近ではXiaoの隣で歩く事も考えて、ファッションを雑誌で猛勉強中。
最近買ってもらったチャイニーズドレスはヒールが高く、Xiaoの顔が近くに感じれる為、大変お気に入り。
しかしよく足を挫く。

また、ある人物の力により胸の発育が良くなり、現在ではXiao専用の安眠枕の様な扱いになっている。
技・特殊能力
■芸術(マネージャー):
他人を応援してサッカーに使う運動技能、キック、こぶし、頭突き、跳躍、投擲のみ20%UP(上限90%)
■ライオンシュート:
キックのインパクトの瞬間、獅子の化身から強力な力を引き出す。ダメージ1d10
■響転(ソニード):
短距離を瞬間的に移動する高速移動術。
跳躍と同時に振る事が出来、片方でも成功すれば攻撃を継続する事が出来る。ダメージ+1d4
■芸術(美味しい料理):
成功すると、美味しい料理が作れる。(失敗するとまぁまぁな料理になる。)
最近の目標はこの技能を成長させ切る事。
■芸術(愛妻料理):
セッションの開始前と終了後にダイスを振り、成功した場合以下の効果を得る。
開始前:Xiaoのアイドル系技能に+5%の補正が付く。
終了後:XiaoのSAN値報酬に1d6を追加する。
■芸術(クイーン・オブ・ポップ):
成功すると、スーパーアイドルの妻に相応しい素晴らしいダンスが踊れる。
(失敗するとまぁまぁなダンスになる。)
■運転(Xiao):
Xiaoを乗りこなす。

素DEXが30と、澤 まほれに肉薄する速度と器用さを持つ。
武器など
エレファントガン … あるセッションで取得。武器の扱いが下手くそなので多分使わない。
大事なもの
Xiao
Xiaoとのプリクラ
Xiaoから貰ったラブレター
Xiaoが作ったクッキー
Xiaoとの久遠の指輪


Xiaoから嵌めて貰った指輪は相当嬉しかった様で、
片時も肌身離さず身につけている。
略歴
波間大学スポーツ学科に入学

入学式に10tトラックに轢かれる。数日間生死の間を彷徨うも生還。

同級生のXiao達と、ある神話事件に巻き込まれる。
もさもさのおっちゃん占い師の助けを借りてなんとか解決。
しかし借り物のアーティファクトを壊した上で買い取った為、Xiaoに6億円の借金をしてしまう。

サンタを捕まえよう!というXiaoの突飛な思いつきにより、アパートに巨大な煙突が刺さる。
家の部屋がほぼ使用不可能な状態になってしまった為、Xiaoの部屋に転がり込む。

あるバスで出会った男性に一瞥され、身体に変化が起こる。

ある事件をキッカケにXiaoとの仲が急進展。

何者かに招かれた白い部屋にて気持ちが暴走し、Xiaoに逆プロポーズ。
お互いに気持ちを確認し合って婚姻届を提出。結婚。

久遠の神の御前で結婚式を挙げる。
その空間で見た光景に酷似したウクライナの「愛のトンネル」に強い憧れを抱く様になった。
神話的な事象とはいえ、最愛の人と誓いを立て合えた事があまりに嬉しく、陰で大泣きした。

ある嘘をつかれた事によってスカーが嫌いになる。

とある事件に関連して、小麦粉で凄く恥ずかしい思いをする。
でもお互い無事でよかった。

ある大きな女性に招かれた空間で、料理対決に勝利!
旦那に「美味しい!」と言ってもらえる料理を作れる様になる為、
一人の時に手先を怪我しながらも猛特訓中。

深刻なストーカー被害に悩まされるが、なんとか撃退。
外見だけでXiaoちゃんを好きになったと思ってるなら大間違いっスな。

ある屋敷で少女とXiaoの3人で遊ぶ。
改めて今の時間を大切にしたく思った。

Xiaoとある映画館で不思議体験をする。
一時的に粗暴な性格になってしまい、ちょっと恥ずかしい。

今回は映画館で貴族になる。許嫁の手から救ってくれたXiaoにどきどき。

Xiaoの機嫌が良くなかったので、地下にあるナイトクラブで宥める。
気付いたら寝てしまっていたが、起きた時のXiaoは何故かとても優しかった。


いつ何時、急な不幸が自分たちを襲うか分からない。
無いとは願うものの、この世界に確実なものなんて存在しない。
だから、時には言葉に書き留めておくのが大事なのかもしれない。
遺された側にとっても、自分にとっても。

書き留めたものがいきなり役立ちそうになるが、そうはならなかった。
終わりなき病は終わった。でも、この経験は二人にとっては始まりに過ぎない。
きっと二人なら、これからのどんな困難にも打ち勝っていけるだろう。
死に至る病の処方箋さえ、知っているのだから。


怪しい薬品の香りに誘われ、痴態を盗撮されてしまう。
しかし、Xiaoの頑張りによって動画は削除され(?)犯人一行は爆発した。
何があったかはあまり覚えていないが、なんだか心地よかった事は覚えている。

一時的に人形に改造され、Xiaoに完全に従順になる。
期間中に何が起こったかはあまり覚えていないが、時折Xiaoが見せるようになったMっ気にぞくぞくしてしまっている。

Xiaoと一緒に徳島のマカロン屋を訪れる。
その中で、目の前に自分がいるにも関わらずXiaoが一人遊びを始めてしまい、
いじけて不機嫌になってしまった。

Xiaoと一緒に豪華客船のパーティーに遊びに行った。
もさもさ先生と偶然久々に出会い、船内を回って飲んだり遊んだり楽しく過ごした。
途中、ちょっとした事件もあったが、結果としてはとても楽しく一日を過ごして大満足のツバサだった。


豪華客船ではバーに寄れなかったので、帰りにSPECULAR?へ寄る。
Xiaoと共にお互いの気持ちを表したカクテルを飲んで潰れかけたが、とても心地よい感覚だった。

ある場所で、Xiaoの家族を想った願いに感動して惚れ直す。
最早親戚である皇ノ中 命とも、初めてまともに会話する事が出来て大変満足だった。

数日家から離れていた間にツバサ欠乏症によりSPECULAR?で飲み潰れたXiaoを介抱。
その際例によって映画上映会を行ったのだが、その内容がツバサにとって辛すぎる内容だった為、
ツバサのXiao依存度も人知れず高くなってしまった。
彼に二度とあんな思いはさせない。だからこれからも永遠に隣に。

※ぴんぐとむ のネタバレを含みます。


※お前のものは俺のもの のネタバレを含みます。


※愛され探索者の受難 のネタバレを含みます。


※何時か何処かでまた会おう のネタバレを含みます。


※好きです、○○さん のネタバレを含みます。


※満たして!! のネタバレを含みます。


※My Summer Darling!のネタバレを含みます。


誕生日にXiaoからとっても可愛い服をプレゼントされる。
女の子らしく可愛い服で大変気に入り、暫くこればっかり着ていた。
「ツバサ幸せっす!!」


※極めてどうでもいいですが、魔法の〇〇〇のネタバレを含みます。


麟太郎から趣味の悪い像、というか地下にいる陽気なおっちゃんの像を貰う。なんで??

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

キャラクター設定

きゃむ

ちょん

てを

フリーエリア

どなたでも編集できます