☆Ride onメンバーのうちのこ設定用まとめwiki☆自由に追加してね。このwikiの内容は全てフィクションです。

四ツ谷 琳寧




「消したい奴らが居るんだ」
「それでも僕は、君とこの子たちを愛している」
「つまり…僕らが乗ってきたプリウスにはブレーキが付いていなかった、という事か…」

設定

名前:四ツ谷 琳寧(ヨツヤ リンネ)
年齢:45
性別:男性
職業:お父さん(Novum/Sibyl構成員)
身長:181cm
体重:70kg

好きなもの:恵那、俐央
嫌いなもの:腰痛、肩凝り、胃もたれ

一人称:僕
二人称:君
三人称:あれ、それ
人物
主に参謀役としてNovumに所属する男。
落ち着いた口振りと老人じみた雰囲気が特徴。

一見すると分からないが、見た目の割にはかなり歳を食っているので中身と身体機能は正真正銘おじさんそのもの。最近では昔好きだった油物が食べれなくなったと頻繁に嘆いている。

子の成長を見るのが楽しみとなっているが、その反面2人が危険な道へと進んでいっているのを快くは思っておらず内心気が気ではない。

現在は20年越しに再会し、保護した妻・恵那の介護に努めている。
外見
顔がいい。外見年齢は20代後半
技・特殊能力
テレポート等
武器など
プリウス(コンビニ特攻)
略歴
20歳:研究の一環により双子をもうける。我が子の破棄(殺害)命令を出されるが配偶者との約束を守る為に双子を外へ逃がし孤児院へと捨てる。
25歳:死亡偽装、社会的な死により研究所から去ることに成功。その後、犯罪者として裏の世界から類、俐央の成長を見守り続ける。
43歳:類、俐央が2人とも死刑囚となったことを知り、組織のメンバーに救出を依頼。刑務所から出たがらない2人に出任せを言い、表向きには死刑とする事で半ば無理やり息子2人を組織へ引き入れる。その際、2人が殺人事件を起こすに至った経緯を調査。理由を知り、怒るに怒れないでいる。
45歳:全てを明かした今、息子達とどう付き合っていこうかまだ探っているところ。パパは困っている。

また、保護された恵那は未だ茫然自失となっており、あまり反応を返すことも無いが、今はただ様子を見守るばかりである。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

キャラクター設定

きゃむ

ちょん

てを

フリーエリア

どなたでも編集できます