☆Ride onメンバーのうちのこ設定用まとめwiki☆自由に追加してね。このwikiの内容は全てフィクションです。

血闘戦・カームブルグ




設定

名前:血闘戦・カームブルグ(ちとせ・かーむぶるぐ)
年齢:26(2)
性別:女
職業:松本大学7年生
身長:163cm
体重:45kg

好きなもの:自分
嫌いなもの:無し
欲しいもの:松大番長の座
ライバル:御剣瑠奈、城沢エヴァンジェリン

一人称:わたくし
二人称:あなた
三人称:そちら
人物
神聖ローマ帝国時代より続くドイツの名門、カームブルグ家の娘。
家系の先祖がヴァルキュリアという言い伝えが残っており、真偽は定かでは無いものの、確かな槍術技術や兵法の教えが古くより相伝されている。

彼女自身は幼少期より奔放に育てられた為、高飛車かつおバカに育ってしまった。
基本的に自分の信じる物が正しいものであり、どの様な相手に対しても尊大な態度を崩さない。

私生活でもそれは現れており、通っている松本大学外では番長を自称し、本当の番長である御剣瑠奈には毎日番長の座を掛けて勝負している。(毎回コテンパンにバチボコにされている)

…とまぁ色々書いたものの、ここまでは″生前の″血闘戦のお話。
その実態は、イス人である間宮の冒涜的実験により生み出された、ヌトセ・カームブルを基とした人口生命体であり、本来の血闘戦は先述の間宮の手により既に死亡している。
そして現在は彼女、冒涜的生命体が本人に成り代わり生活を謳歌しているという訳だ。

しかし、成り代わる際に間宮から渡された詳細な本人資料に目を通していく内に、ある種の強力な自己暗示に掛かってしまい「自分は血闘戦・カームブルグである」という暗示と「自分は人口生命体である」という相反する事実を同時に認識するに至った。

つまり、今や彼女こそが血闘戦・カームブルグのミームを受け継いだ血闘戦そのものであり、生体科学上の大きな違いはあれど、彼女の事を分身、或いは本人と言ってしまっても誰が否定出来るだろうか。


最近ではモデル業等をしているが、血闘戦のお脳のあたりがハッピー過ぎる為に続々とマネージャーが辞めている。
モデルとはいえ仕事内容を選んでいない為(アホなので)、グラビアモデル等の仕事もしばしば。ただし、明らかにアブない仕事はタイミング等の関係で奇跡的に今まで受けていない。

知人関係としては、二頭身程の身長だったアザトを肩にいつも載せていたが、筋力が無さすぎる為に毎回脱臼していた。
今は彼がデカくなり過ぎた為、逆に彼の肩にガイナ立ちしている。
外見
ブロンドの髪に黄金の瞳。色白の肌。
モデルをやってるだけはある見た目をしており、APPは20程度。
モデル業界でのライバルはエヴァンジェリンと豪語している。
(なお知名度・年収・見た目・知識等は彼女に遠く遠く及ばない)
技・特殊能力
■番長の座を掛けて勝負!
御剣瑠奈に番長の座を掛けて勝負を挑む事が出来る技能。
成功で勝負を仕掛ける事が出来、失敗で負ける。
成功後はSTRからEDUまでを順に対抗させ、1度でも対抗に失敗すると勝負に敗北する。
技能値は5%固定。

■No.1モデルの座を掛けて勝負!
城沢エヴァンジェリンにNo.1モデルの座を掛けて勝負を挑む事が出来る技能。
成功で勝負を仕掛ける事が出来、失敗で負ける。
成功後はSTRからEDUまでを順に対抗させ、1度でも対抗に失敗すると勝負に敗北する。
技能値は5%固定。
武器など
■つよいやり
→カームブルグ家に伝わる一槍。先端が刃物の様になっており、扱うには熟練の技術が必要。
略歴
元の血闘戦本人は間宮に殺害される

イス人が作成した人口生命体が血闘戦に成り代わる。

ぱんつを槍に巻くとつよくなれることに気付く

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

キャラクター設定

きゃむ

ちょん

てを

フリーエリア

どなたでも編集できます